フェンスをハンマーで叩いたんだけど、そもそも何でフェンスだったんだっけかな

幼い頃に、「こっちが僕の陣地、で、こっから向こうが君のね」って見えない線を指でさーっと引いた。

その線が、現実に高さ3メートル超の金属の網々として、そこにある感じだ。

(実際には、僕自身は線を引いた本人じゃなくて、その陣地で子供が手に持ったおもちゃくらいの感覚。)

そんなリアルが僕の目の前にあった。

・・・

それは日常の景色として突如現れる。

無機質な銀白色の金属糸が規則的に絡み合った壁が、向こうががよく見える壁が悠久と続いている。

米軍基地を囲む「フェンス」。

・・・

たとえ僕が気づかなくても、フェンスは見るたびに“現状”を訴えかけてくるような気がした。

でも、僕はこれに対してのアンサーができなかった。「フェンス」と「僕」の関係性は、与えられるだけの一方的なものだった。

その時、僕の中に生じた漠然とした無力感は、少し諦めの香りが漂っていた。

僕は戦うことを放棄していたように思う。

・・・

沖縄にある米軍基地は、沖縄だけでなく日本やアメリカなど多くの人の膨大な思考や感情や想像力があらゆる方向に複雑に絡み合い、掴み所がないほどに巨大化している。

そしてその話題は、生活の中において腫れ物に触るような扱いをされる。

しかしフェンスは、「僕」や「こっち側」と「何か」や「あっち側」を切り分ける境界として確実に現実に存在する。

18世紀末、西洋諸国がアフリカに勝手に引いた国境はそこに住む人々にどう影響したのだろうか。

第二次大戦後ベルリンの壁が出来た時、その周りに住んでいた人達は、積み上げられていく壁を見て何を思ったのだろうか。

東北の岩手の海岸沿いに高さ12メートルを越す防波堤、海と人間を分断するそのコンクリートの壁が建てられた時、その街の人は何を思ったのだろうか。

書いていると、ふいにそんな事を考えてしまった。

・・・

「何か」と「何か」を分けたり区切ったりする事は、論理的で効率的な場合が多いだろう。

現に生き物を分類することは、生物学においてその歴史とも言える。

しかし、人間の持つ想像力はこの境界にも作用し、時に恐ろしい怪物を生み出す。

その境界が目に見えるものなら尚更だ。

・・・

ここで、改めて作品を見ると、僕はそのフェンスを腕や足でぐっちゃぐちゃに曲げ、ハンマーで体力の限界がくるまで叩き続けた。

破壊や攻撃に見えるだろうか?

否。

これは創造であり、対話である。

破壊願望の存在ら否定しないが、僕の根底にあったのは、それとは真逆の、理解したいとか、当事者でいたいとか、所有したい、という気持ちだった。

破壊したかったのはむしろ、これまでの己の現状だ。つまり僕とフェンスの関係性を変えたかったのだ。

僕は徹底的にフェンスと向き合い、そこから生じたイメージの波に乗った。

空間を隔てて離別する役割のフェンスをマテリアルとし、新たな空間を作り出そうと。

結果としてそこには境界ではなく、一つの金属の塊と無数の小さな空間が生まれた。

それはいろんな矛盾を抱えた怪物の様に見えた。

投稿者:Uzuki 投稿日時:

回想 – やらかしたなー

回想するって結構きついなーと思うのは、僕が根本的にはネガティブだからなのか。

中でも一番きてるのが、自分が書いたアーティストステートメント。

企画書もできて、最後の最後にそれを書いたんだけどそれのこと。

簡単に言うと、それはあなたは何者なのか(どんなアーティスト)を書くやつ。アーティストの自己PRみたいなものかな。

その時の僕は、作った過程やその時々の思考を、まさに回想しながら、(what/何を)と(how/どうやって)をまとめたりして書いた。もちろん結構真剣に。

ただ僕は、ここに決定的なミスがあるのに全く気づいてなかった。

それは自分自身にばかりフォーカスしてて、作品や僕の文脈が既存のアートに置いてどこに位置するのか、だからどんな意味を持つのかなどを考えていなかったということ。

当たり前だけど、アートにはアートの歴史があってアーティストという以上はその流れの中に僕も属することになる。

自分の点を打つ事に真剣になって、それがどこの位置の、どんなスケールの軸に存在するのかを全く考慮できてなかった。

作品について考えるばかりで、そんな当たり前の事に気付かなかったことが恥ずかしくて、恥ずかしくて。

やらかしたなー、と、、、

ちなみにこれです。恥を忍んで載せます笑

大いなる自己矛盾との戦い

論理性や再現性による絶対的な答えを求めながら、科学を超え人間には理解できない混沌を認めている。

この矛盾と徹底的に向き合いながら、自分なりの解を出すこと僕のアートとしている。

いろんな存在や事物への自らの意味付けは、特に理由や意味もないのにその名前に理由を求められ続けてきた、6月に生まれた卯月である僕ににとっての宿命である。

本作では「フェンス」を怪獣として、その僕らなりの意味を具現化させることができた。

叩かれて小さくなる一方で、巨大化し続ける僕らの怪獣がここにいる。

はい。穴があるなら入りたい。笑

今、必死に勉強中でございます。笑

恋は盲目というけど、僕にとっては作品を作ることも盲目になることらしい。

だから、作る以上はその土台に立つ準備をしっかりやろう。

さて次回からは、どうやって、そして何を思って「怪獣の一欠片」を作ったのかを回想する。

——–

関係ないけど、

銀河鉄道999ってこんなに面白いんだね。GW1感動してる。

投稿者:Uzuki 投稿日時:

Retrospective — 回想

今回アートユニット uki を結成した。

u:卯月とki:キヨトの2人の期間限定ユニットで“Monster Exhibition 2019”に挑戦し、渋谷ヒカリエでの展示を狙っている。

タイトルは「怪獣の一欠片」

これから数回に分けて卯月の視点で、この作品が出来上がるまでの道すじを振り返る。

投稿者:Uzuki 投稿日時:

〇〇であって〇〇でなく、〇〇ではないが〇〇でもある。

なんか面白いなーと思って。

〇〇にいろんな言葉を入れてみよう。

卯月であって卯月でなく、卯月ではないが卯月でもある。

、、、笑

次!!

平成であって平成でなく、平成ではないが平成でもある。

、、、令和だけどね笑

次!!

真実であって真実でなく、真実ではないが真実でもある。

、、、真実はいつもひとつ!!

くだらないなー。

退屈であって退屈でなく、退屈ではないが退屈でもある。

暇であって暇でなく、暇ではないが暇でもある。

倦厭であって倦厭でなく、倦厭ではないが倦厭でもある。

犬猿であって犬猿でなく、犬猿ではないが犬猿でもある。

遊びであって遊びでなく、遊びではないが遊びでもある。

生であって生でなく、生ではないが生でもある。

死であって死でなく、死ではないが死でもある。

投稿者:Uzuki 投稿日時:

自分が納得いかないものを作った時の対処法、、?

絶賛心にモヤモヤを抱えているあなたへ送りましょう。

様々な種類のモヤモヤがありますが、自分が納得いかないものを作ってしまった時のモヤつきは半端ないものです。

今日はその対処法を僕の今を交えて、ご紹介しましょう。


僕の心は最近ずっと、もやついています。

それに対して今回僕がやった対策を分類すると逃げると向き合うの2つに分かれました。

・逃げる

→YouTubeを見る、肘が痺れても見続ける

→本を読む、ジャンル問わずとにかく読む

→ギターを弾く、ジャカジャカ弾く

→友達と話す、関係あること、ないことなんでも話す

→酒を飲む、結局頭痛くなって寝る

→デート、恋人と過ごす

自分で言うのも何だけど、たくさん逃げたよね。特に本読むとか、それっぽい本読んでると気が紛れていいんだけど、終わった後が地獄。

ほんとに地獄だね。またあいつが襲ってくるんだよね。

逃げるは恥だが役に立つとはよく言ったもんだな。


・向き合う

→反省する、一人でも複数でも

→書く、良い悪いそして改善点殴り書く

→浸る、ソファーに座ってぼーっとしながら

→車を走らせる、ハンドルが赴くまま

→流す、シャワーを長めに浴びながら

反省してみて、向き合ってみて気付くのは過ちの大きさだよね。凹みます。心がずーっんと深ーく落ちていく感じ。でもやっちまったことの重大さを再確認しているだけ。

傷口に塩をしっかり塗った感じですね。


以上。色々やってみて分かったことは1つだけ。

この種類のモヤモヤは解決できない。

一生かは分からないけど、2週間とかそんな短期間では絶対無理。

これは一種の十字架で、僕にはそれを背負うべき責任があるらしい。


個人的には何かでリベンジとか考えたんだけど、何をどう上塗りしても残る気がするんだよね。

ってことで、今後はこのモヤつきと上手く付き合いながら生きて行こうという風にマインドをチェンジ。

別に心が楽になった訳じゃないし、解決はできなかったけど、できなかったというのも1つの結果。

それをしっかり背負って生きていこうじゃないか。

投稿者:Uzuki 投稿日時:

モンスター👾

今日からしばらくモンスターの話が多くなる。何故モンスターかは今は言わないでおこう。笑

おいおい分かる。

Monsterは日本語に訳すると化け物、想像上の怪物、怪獣などなど、、、

英英辞典で調べると

imaginary ancient creature とか他にキーワードでいうとlargeとかfrightening とか。

そのものが何かを定義する時、逆を提示すると分かりやすい事もあるので逆も調べた。

すると逆にあるのはangelやgod、humanitarian だった。

神は意外だな!

しかもモンスターの対義語というか反対がエンジェルって。エンジェルは結構英英辞典で具体的に説明されてて白い服着て、翼の生えた美しい女性らしい。

なるほどなるほど。。

投稿者:Uzuki 投稿日時:

ありがとうございました!

無事千秋楽を迎えることができました。

ご来場頂いた皆様、その他応援して下さいました皆様、誠に有難うございました。

色々な事を感じて下さって、この舞台と向き合って下さって幸せでした。

心から感謝申し上げます。

感想も随時承っております。皆さまの声が次への活力になります。是非素直な声を聞かせて下さい。

こちら

そして、それぞれが

次のステップへ向かいます。

またどこかでお会いしましょう。

本当にありがとうございました。

投稿者:Uzuki 投稿日時:

内省

[正直な話]

正直なところ満足してないし、悔しい。

なのに、時間は待ってくれなくて明日は千秋楽。

まだ明日があるのにガンガンこみ上げてくる感情を整理する。

3年前チェルフィッチュのオーディションを受けた「三月の5日間」をまさか自分で企画してやるなんて思ってもいなかった。でも全ては演出の國仲さんとの出会いから「あー!僕もその作品好きなんだよー!やる?」から始まって。

正直、僕は今回は何もしてない。本当に何も笑

企画って言ったって「やろう!」って言っただけ。

今まで僕は何でも自分でやりがちというか、なんでもかんでも勝手に背負って生きてきた。

だから正直今回は《言いたくて、でも言えなくて状態》でちょっとストレス。(拙い恋愛的な笑)

でもやっぱりそうするべきだった。手放したことは正解だったって今日の1日目を経て分かった。

初見では何この戯曲?って感じだったのに、それぞれがきちんと考え、稽古で高め合い、あの難解な戯曲を形にしてきた。

そして今日の公演でのお客様の拍手や笑顔、そして俳優やスタッフの表情を見てきちんと演劇ができている、「三月の5日間」のクリエイションができているって分かった。

正直内心で胸が熱くなった。

やっぱ今回集まったみんなは凄いや。

だからこそ。あー悔しい。初日が終わった夜に内省が止まらない。企画として何もできなかった歯がゆさ。その役割としての力不足を噛み締めながら眠ろう。

じゃない!!何を反省しとるんだ!笑

明日が千秋楽だ!!

最後まできちんとやれることやるんだ!!

そう!まず寝る!笑

作品はマジですげーので来れる方は是非会場で会いましょう👍

投稿者:Uzuki 投稿日時:

初日ありがとうございました!

ご来場頂いたお客様、誠にありがとうございました。

一階席が満員となる盛況でした!

差し入れも沢山頂きました。改めてみんなで作っている舞台と感じました。ありがとうございます!

いよいよ明日千秋楽!!!

投稿者:Uzuki 投稿日時:

ご来場頂き有り難うございます

三月の5日間沖縄オリジナルクリエイションにご来場頂き有り難うございます。

こちらでは本公演に至るまでの過程が記録されております。お待ちの時間に是非お楽しみください。

投稿者:Uzuki 投稿日時: