村田沙耶香著「コンビニ人間」

気持ち悪さを感じつつも、最後まで読んだ。

こういった作品って過去にも出会ったことがあって、日常の中でさらっと流れている違和感や濁ったものが言語化されてくっきりと見えてしまうからとても気持ちが悪い。

別の角度から見たら感動したとも捉えられるのかもしれないけど、まだ素直にその表現が相応しいとも思えていない。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください