薬を受け取るために受付を済ませ、問診票に記入してソファーに座り自分の番を待つ。
周りには小さな子供からお年寄りまで少し不快なほど多くの人がいる。
おもちゃの車を組み立てる音、他の患者と薬剤師が話す声、血糖値がどうこうという安っぽいテレビの雑音。
誰とも目が合わず、ただ自分の順番を待っている。こんな時自分の内側の声がいつもよりはっきりと鮮明に聞こえる気がする。

カテゴリー: 小言

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください