ここまで誰かの説明を欲する本と出会ったのは久々かもしれない。
とにかくよく分からない。
分からないまま進んでいって尚分からない。
目次に戻っても存在については定義からなんやら多方面からのアプローチがみられるけど、時間の事に触れられて無く頭が混乱である。
ジュンク堂でタイトルだけで買った本にこんなに悩まされるとは。
ハイデガー著「存在と時間」

分からないけど
もうちょい粘ろう。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください