昨日に引き続き死刑の話だが、死刑執行を行う、絞首刑で紐に首をかけ床を落とすこのスイッチは国家公務員である刑務官の仕事であるらしい。
調べたところ、3つか5つのボタンが用意されており、1人1つ同時にそのボタンを押す。
どのボタンが直接床と繋がっているかは分からないらしい。
もし仕事だとして、このボタンを押すことができるだろうか。
自分達が黙認している法律の下にこの様な犠牲者(言い方が悪いかもしれない)が存在しているということを知るべきだと思うが、知った上でどうしたら良いのかは分からない。

カテゴリー: 小言

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください