トントン、トントン、トントン
ドアを叩く音で目が覚めた。
部屋は真っ暗で、スマホで時間を確かめると夜中の1時過ぎだと分かる。
トントン、トントン
母親が帰って来るには早いし、母親ならそもそもドアなんて叩かない。
恐怖心、警戒心からか心臓を打つ鼓動が速くなる。
トントン
しつこくドアを叩く音が聞こえる。目は完全に覚めて、出るか悩んだ末、ドアの前まで来た。すると、小さく声が聞こえてきた。
「夜分遅くにすみません、一晩泊めてくれませんか?」
たぶん男性の響きのある声である。
つづく、、、

不気味な入り口。動物園の入り口。

カテゴリー: 鐘の中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください